fc2ブログ
プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
12位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
【経済】 日本の経済事情 ―円高ドル安―
アメリカの経済の影響により、現在日本では円高ドル安が続いています。
円高による日本経済の行方はどうなるのでしょうか。
この影響はいつまで続くのでしょうか。
懸念が残ります。


円とドルの関係について。


それぞれの国には国が使っているお金がありますね。
日本は、アメリカはドル


それらのお金は交換することができます。
海外旅行でアメリカに行くときは、円をドルと交換しますよね。
いくらで交換できるかはその時々で変わります。


円高というのは、円の値打ちがドルに対して上がるということ。


例)1ヶ月前は1ドルが107円でした。
アメリカの1ドルのキャンディーを日本で買うには107円必要でした。


ところが先々週の月曜日には1ドルが95円になりました。
つまり、12円値下がりして買いやすくなりました。


同じ1ドルのものを、前より少ない円で買える、
つまり円の値打ちがそれだけ上がったのです。
これを円高といいます。


アメリカの側から見るとどうなるか。
これまで1ドル、107円で売れたものが95円でしか売れなくなります。
ドルが安くなったわけです。
これをドル安といいます。


一方が高くなればもう一方は安くなる、というシーソーのような関係です。



そして、円やドルの値打ちはそれぞれの人気によって決まるのです。


人気のあるお金は、みんなが欲しがるから、値打ちが上がって高くなります。
反対に、人気がなくなると誰も欲しがらないので、安くなります。


いま円高が続いているのは、円の人気があるからではなく、
ドルの人気がなくなって、ドルが安くなり、
その結果シーソーの関係で、円が高くなっているのです。



アメリカの景気が悪くなるとドルの人気がなくなります。
サブプライムローン問題が原因です。
(所得の低い人でも家を買うために、お金を借りることができる仕組み)


サブプライムローンにより、お金を返せない人がどんどん増えた為、
お金を貸していたローン会社や銀行に大きな損害が出ました。


それだけではありません。
お金を貸しているという権利が、商品になって売られた為、
これを買った会社やお金持ちの人も損をしました。

現在、サブプライムローンの損害は78兆円に上っています。


アメリカの景気がもっと悪くなるのなら、
今のうちにドルを円など他の国のお金と交換しておこう、
と思う人が、後を絶ちません。


円高によって日本ではどんな影響がでているのでしょう。


外国から輸入されたモノの値段は安くなるので、良いこともあります。
でも良いことばかりでもありません。
日本の自動車会社が、アメリカに車を売る場合を考えてみましょう。


例えば1ドルが100円のとき、日本の100万円の車をアメリカで売ろうとすると、
1万ドルになります。ところが円高が進み1ドルが50円になったとすると、
100万円の車は2万ドルになってしまいます。
日本車が値上がりするので、アメリカでは買う人が減ってしまいます。
車が売れなくなると日本の会社はもうからなくなってしまいます。


それだけではありません。円高は、株の値段にも影響を与えます。
株は、会社がお金を集めたいときに発行します。
お金を出してくれた証拠が株ですね。


株の値段は会社の人気で決まります。
会社がもうかっていれば人気が出て、欲しがる人が増えるので、
株の値段はあがります。反対に人気がなくなれば値段は下がります。


日本には、モノを作って外国で売る会社がたくさんあります。
円高だとそんな会社はもうけが減ります。
すると、そんな会社の株は欲しくない、という人が増えて、
株の値段がどんどんさがってしまうのです。


日本の主な会社の株の平均の値段は、1年前には17000円台でしたが、
今は12000円台にまで下がっています。


円とドルのパワーバランスが急な傾斜を描くほど、
日本の景気はその影響を受けて複雑化していきます。


アメリカの経済が悪くなった影響は、日本だけでなく、
ヨーロッパや中国にも広がっています。


世界はお金でつながっています。
アメリカの経済がこれからどうなるのか未だハッキリしません。
現在、世界中がアメリカに注目しているのです。
スポンサーサイト




テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/93-8418ad79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)