プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
18位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】 ひらけポンキッキ 
ひらけ!ポンキッキ


フジテレビ系列で1973年4月2日から1993年9月30日まで放送された幼児・子供向けのテレビ番組である。




主に発達心理学を駆使した幼児教育、情操教育を中心に、3歳児以降をターゲットに製作されている。

※情操教育(感情や情緒を育み、創造的で、個性的な心の働きを豊かにするための教育、
および道徳的な意識や価値観を養うことを目的とした教育の総称)

メイン司会の「おねえさん」(数年ごとに交代する)と番組キャラクターのガチャピン、ムックが出演。
また「おにいさん」が出演している時期もある。






番組開始の2年半前から下準備をし、
当時まだ無名だった高田文夫が開始初期ほとんどの企画と構成台本をひとりで発案した。
1973年4月の放送開始時は月曜日~金曜日の午後2時からの放送だったが、
1975年より朝8時台の放送となり、以来長年にわたり「朝の顔」として親しまれるようになる。
その内容は評価も高く、受賞も多い。





ポンキッキでの挿入歌はほぼ全てがこの番組のために制作された。
シングルレコード450万枚以上を売り上げ(オリコン調べ)、
日本におけるシングル盤売上記録1位作品の『およげ!たいやきくん』をはじめ、
『いっぽんでもニンジン』『パタパタママ』『ホネホネ・ロック』『はたらくくるま』『まる・さんかく・しかく』
といったヒット曲も出た。

歌手の他、俳優やタレントとして知られている著名な芸能人が歌っている歌も多い。




番組で挿入されているミニコーナーは、
文字や数字の意味、数の概念、色の名前などを15~30秒程度で紹介するというコーナーであった。
映像はアニメーション(特にクレイアニメなど)が多い。

BGMとして使用された曲は、邦楽ではピンク・レディー、キャンディーズなどのアイドル歌謡曲や民謡、
ロックンロール、コミックソングも使用されていた。
洋楽ではロックンロールやソウル、オールディーズと多岐にわたって使われている。
特にビートルズの楽曲はイントロやアレンジなど含めて頻繁に使用されている。
ナレーションは田中真弓など。






洋楽
ビートルズ「Please Please Me」「Birthday」「Please Mr.Postman」
「Baby It's You」「When I'm Sixty-Four」「Here Comes the Sun」「One After 909」
「Lady Madonna」「A Hard Day's Night(イントロのみ)」他
ウイングス「Hi,Hi,Hi」「Silly Love Songs」
クインシー・ジョーンズ「ironside」
コニー・フランシス「カラーに口紅」
ジンギスカン「ハッチ大作戦」
スティーヴィー・ワンダー「愛するデューク」イントロ
T・レックス「メタル・グルー」「トゥエンティーセンチュリー・ボーイ」
ディオン「浮気なスー」
ピーター・フランプトン「ショー・ミー・ザ・ウェイ」
モンキーズ「カドリー・トーイ」「I Can't Get Her Off My Mind」
チェイス「黒い炎」
マウンテン「ミシシッピー・クイーン」
マージョリー・ノエル 「そよ風にのって」
グレン・ミラー「イン・ザ・ムード」
コーデッツ「ロリポップ」 - 実際に使用されたのはNoam Kanielバージョン
The Tremeloes「Helule Helule」
デイヴ「ギンザ・レッド・ウィ・ウィ」
ローリング・ストーンズ「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」
ザ・ヴェルヴェッツ「愛しのラナ」
ブライアン・ハイランド「ベイビー・フェイス」
レイ・パーカーJr.「ゴーストバスターズ」
マイケル・ジャクソン「ロッキン・ロビン」
サンタナ「哀愁のヨーロッパ」
イーグルス「呪われた夜」
スリー・ディグリーズ「ドゥ・イット」
Dr Buzzard's Original Savannah Band 「I'll Play The Fool」
フォーカス(バンド)「Pの行進曲」
ポインター・シスターズ「That's How I Feel」
サミュエル・ホイ「賣身契」
Philharmonic 2000「Swansong」「Paradise Lost」
T.H.P.Orchestra「Weekend Two Step」



邦楽
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」「スモーキン・ブギ」
ザ・チャープス「気になる女の子」(原曲The Messengers「That's The Way A Woman Is」)
ゴールデンハーフ「黄色いサクランボ」「電話でキス」
キャンディーズ「ハートのエースが出てこない」
ピンク・レディー「渚のシンドバッド」「モンスター」
坂本龍一「Merry Christmas Mr.Lawrence」
立花ハジメ「REPLICANT J.B.」
大瀧詠一「ROCK'N'ROLL退屈男」 - エンディングの「ポッ!!」と言う叫びの手前にある「ズン」と言う音までの部分
タモリ「アフリカ民族音楽ソバヤ」「セーケメ節」
荒井由実「翳りゆく部屋」
ザ・ぼんち「恋のぼんちシート」
シブがき隊「喝!」
高見知佳「ジャングル・ラブ」
比企理恵「想像力少女」
西山浩司「閃光ロック」イモ欽トリオ - アルバム『ポテトボーイズNo.1』収録
海援隊 「昭和けんかロック」
モダンチョキチョキズ「恋の山手線」
朝倉紀行&GANG「ライオンは起きている」
爆風スランプ「びっくりミルク」 - アルバム『よい』収録
ミス花子「河内のオッサンの唄」
ゴダイゴ「ビューティフル・ネーム」
井上陽水「感謝しらずの女」
紅麗威甦「ぶりっこrock'n roll」
加山雄三とザ・ランチャーズ「ブラック・サンド・ビーチ」
葛城ユキ「ヒーロー -HOLDING OUT FOR A HERO-」
近藤真彦「ふられてBANZAI」
BBクイーンズ「世界の国からこんにちは90」 - アルバム『ウィ・アー・BBクイーンズ』収録
ビーバップ少年少女合唱団「ビーバップシンドローム」
ドリフターズ「ドリフの早口言葉」
三浦理恵子「水平線でつかまえて」
玉川カルテット 佐々木基晴「ソーラン節」
あのねのね「ネコニャンニャンニャン」
伊集加代子「おしえて」 - 『アルプスの少女ハイジ』主題歌
坂本千夏「フクちゃん応援歌」 - 『フクちゃん』挿入歌
藤本房子「パタリロ!」
クレイジー・パーティー「waoh!」 - 『がんばれタブチくん』エンディングテーマ
久石譲(作曲)「メイとすすわたり」 - 『となりのトトロ』劇中音楽
藤田詩織「メゲメゲルンバ」 - 『みんなのうた』使用曲
一世風靡セピア「道からの組曲」
ウルトラマンの歌
ラブウインクス「恋のコマンド」
福呂小路小春「この町 どの町 京の町」
ヒカシュー「スカート」‐ イントロから「ひらり~」までの部分 



スポンサーサイト

テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/865-ab0cc8ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。