プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
18位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドイツ】 ドイツの美人
ドイツの美人


領域は1990年のドイツ再統一によって、
ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)を構成していた15県
および東ベルリンが6州としてドイツ連邦共和国(西ドイツ)に編入されて、現在の16州となった。


ドイツサポーター2

2008年まで6年連続で世界最大を誇った輸出額は中華人民共和国に抜かれたものの、
なお世界一の工業製品輸出国であり、
アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国に次いで世界第4位(為替レート換算値による)
のGDPを誇る経済大国である。

世界の先進7ヶ国(G7)の一つ。
フランスと並ぶ欧州連合 (EU) の中核国である。
2009年のGDPは約3兆3527億ドルであり、日本の66%程の経済規模である。


ドイツサポーター3

世界で初めて公的年金、保険制度を導入した国であり、
日本など多くの諸外国が規範としている。
医学をはじめとして化学、数学、物理学などの自然科学分野、哲学、文学、演劇
などでも高い実績を築いてきたが、
中でも18世紀後半以降の音楽史では同系国家であったオーストリア
(1866年まではドイツ連邦議長国)とともに独占的ともいえる地位を築き、
今日も世界で最も多くの歌劇場とオーケストラを擁している。


ドイツサポーター4

第二次世界大戦では日独伊の枢軸国として手を組んだドイツであるが、現在も活発に交流しており、
技術・経済面での交流は特に活発である。
日本にとってヨーロッパ最大の貿易相手国となっている。

特にドイツの自動車は日本でも高い人気を誇り、
日本の輸入車の販売数上位3つはメルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲンが占めている。
文化や制度の面では第二次世界大戦前ほどの影響力を持たなくなったものの、
クラシック音楽ではバッハやベートーヴェンをはじめとするドイツ(およびオーストリア)の
作曲家の楽曲が愛好されている。

ドイツでは、1999年1月から2000年9月までは
「ドイツにおける日本年」と定められて日本が総合的に紹介され、
また日本では2005年と2006年に
「日本におけるドイツ年」の諸企画が行われ、新しい形の日独交流が形成されている。

ドイツのサポーター5

ドイツ経済の主要産業は工業で、自動車、化学、機械、金属、電気製品などである。
ドイツは戦前から科学技術に優れており、ガソリン自動車やディーゼルエンジンを発明したのはドイツ人であった。

また現在見られる液体燃料ロケット
(スペースシャトル、ソユーズ、アリアン、H-IIAなど、固体ロケットM-Vロケット等を除く)は
戦時中にナチスが開発した技術が基礎となっている。

現在でも技術力には定評があり、
自動車はメルセデス・ベンツ、ポルシェ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンといったブランドが
世界的に有名であり、人気も高い。


ドイツのサポーター

化学・薬品大手のバイエル、電機大手のシーメンス、ルフトハンザドイツ航空、
ドイツ銀行、経営管理ソフトウェア大手のSAP、光学機器メーカーのカール・ツァイス、ライカ、
世界最大の映画用カメラメーカーであるアーノルド&リヒター、
人工透析で世界シェア40%のフレゼニウスなど、世界的に活動している大企業は多い。

近年は再生可能エネルギー産業を急成長させており、太陽電池のQセルズ社が世界一のシェアを保有している。




スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/774-63554bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。