プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
24位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】 新内閣
新内閣出発


新しく日本のリーダーになった菅総理大臣。

先週、17人の大臣を決め、内閣をスタートさせました。

菅総理大臣は、どのような政治をめざしているのでしょう?

大臣の集まりである内閣は、みんなを引っ張って未来へ向かう列車のようなものです。
運転士は菅総理大臣。
菅総理大臣は、国民に対して「最小不幸社会」、
つまり不幸な人ができるだけ少ない社会をつくるためにがんばる、と言いました。
それを実現するのは1人ではできません。
同じ気持ちでがんばってくれる人、また力のある人たちを集める必要があります。

だから最初に行ったのは、人事、つまり誰を大臣にするか決めることでした。

大臣は国の役所のトップ。
他の国との話し合いをする外務大臣や国民の健康や働く人についての仕事をする厚生労働大臣、
それに道路やダムをつくる仕事をする国土交通大臣などがいます。

菅総理大臣は、多くの大臣をこれまでの鳩山内閣の大臣そのままにしました。
なぜなら、突然総理大臣が交代して仕事が途中のままになってしまったものも多いので、
ずっとその仕事をしていた大臣が残る方がいい役所も多いからだということです。

新しい大臣は5人。
税金のムダづかいをチェックする行政刷新担当大臣に「事業仕分け」で活躍した蓮舫議員。
牛や豚の伝染病「口てい疫」が問題になっている農林水産大臣には副大臣だった山田正彦議員が選ばれました。

そして今回最も注目されたのは、官房長官でした。
官房長官という名前なので、大臣と思わないかもしれないけど、れっきとした大臣。
しかも、総理大臣に代わって内閣全体をまとめるというとても重要な役割を持っています。

内閣が取り組む問題は、いくつもの役所に仕事が分かれていることがあります。
例えば、沖縄にある普天間基地をほかに移す問題だと、
アメリカと話し合いをする岡田外務大臣をはじめ、
北澤防衛大臣、沖縄の担当をしている前原大臣などが一緒に仕事をしなければなりません。
このとき、みんなをまとめるのです。

もう一つの重要な役割は、
こうして決まったことや総理大臣の考えを国民に説明することです。
こうした仕事はとても大切。
そんな重要な役目を持っているので内閣の要、
つまり最も大切な大臣とも呼ばれます。

菅総理大臣は、この官房長官に仙谷由人議員を選びました。
仙谷官房長官は、民主党をつくってからずっと菅総理大臣と仕事をしてきた人です。
行政刷新担当大臣や国家戦略担当大臣をつとめ、税金のムダづかいのチェックなど重要な仕事をやってきました。

菅総理大臣は、「仙谷官房長官は、煙たい存在だが、力のある人」と言っています。
煙たい、つまり総理大臣が考えていることと自分の考えが違っても、
きちんと意見を言えるし、力がある人なので、大臣たちをまとめていってほしいと言っているのです。

菅総理大臣は、民主党の代表でもあります。
民主党は、いわば菅総理大臣の内閣を支える基地です。

政党というのは、「こんな政治をしよう!」という同じ考えを持った人たちの集まりです。
総理大臣はいつも党にいられるわけではないので、
自分に変わって中心になり、みんなをまとめてもらう人を決めなければなりません。
それが幹事長です。
菅総理大臣は、幹事長に枝野幸男議員を選びました。

枝野幹事長は46歳と、幹事長としては若い人ですが、とても仕事ができると言われています。
菅総理大臣は、内閣と党が一緒になって仕事を出来るようにしたいと言っています。
なぜ、こんなことを言ったのかというと、
前の鳩山総理大臣のときのことを見ていたからだと言われています。

鳩山総理大臣のときは、平野官房長官と小沢幹事長。
平野官房長官は、普天間基地の問題で、大臣たちの意見をうまくまとめることができなかったと言われ、
本人も「役目を十分に果たせなかった」と言っています。

また、小沢幹事長は、とても力を持っていたので、
政府がこうしたいと決めたことも、「それではだめだ」と反対して、話が進まないことがありました。
菅総理大臣は、今回の内閣では、こうしたことがないようにしたいと考えたのです。

でも、菅内閣はスタート早々につまずきを見せました。
一緒に仕事をしていた亀井大臣がやめてしまったのです。
亀井大臣は民主党でなく、国民新党から選ばれた大臣で、
郵便局や郵便貯金の仕組みを急いで変えるかどうかで、考え方が違ったのです。

それ以外にも、普天間基地の問題をはじめ、
日本が抱える880兆円、国民1人あたりでは700万円近くという
ものすごい額の借金をどうするかという問題もあります。
また、鳩山さんと小沢さんがやめる原因になった政治家とお金の問題も解決していません。

菅総理大臣の運転する列車がこうした問題を乗り越えて、
進んでいけるかどうか、国民がきちんと見ていかなければなりませんね。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/695-e5b2235f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。