FC2ブログ
プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
31位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領選挙候補者
さて、それぞれ立候補者がどんな人物なのか、どんな主張をしているのかを本日は書きました。


共和党立候補者




マイク・ハッカビー


アーカンソン州出身、宗教は福音派、南部バプティスト。
イラク戦争を支持し、妊娠中絶・同姓婚をとしている。
宇宙・世界・生命・人間は神によって創造されたとする創造論を信じており、「ダーウィンの進化論は賛成しない」と発言。
ジョン・マケイン候補を支持。ミット・ロムニー候補と仲が悪い。
アイオワ州選挙でミット・ロムニー候補に圧勝。
戦争を擁護する人間。




ジョン・マケイン


パナマ共和国出身。イラク戦争全面支持者。
過去にイラクへの武力行使を可能とする決議を提出した。
イランの核問題を巡っては、最終手段として限定的空爆もありだとしている。
共和党政権の厳しい批判も辞さないことから、保守強硬派からの反発を浴びる一方、穏健派・中道からの支持は根強い。
今回の論点、妊娠中絶・同姓婚・銃規制について積極的ではない。
移民には寛容で、地球温暖化対策について重要だと主張する唯一の共和党候補。
2008年大統領選の有力候補の中では、日本に対する人脈や関心が強く、
日米同盟の強化、拉致問題を含む北朝鮮の人権問題への関心、
日本の国連安保理常任理事国入りへの賛意を表明。

ニューハンプシャー州サウスカロライナ州フロリダ州では劇的な勝利を収めている。




ロン・ポール


テキサス州出身。元は医者。
アメリカのインターネット界では大人気。
妊娠中絶について連邦政府の関与に反対
イラク戦争に反対している。(共和党では異例)
州権、銃の所有、政治犯に対する人身保護令状、学校内礼拝を認める憲法改正などを支持している。

民主党で立候補するべき人。





ミット・ロムニー


ミシンガン州出身。モルモン教だが、政教分離を訴えている。
イラク戦争支持者。イランへも厳しい態度をとっている。
妊娠中絶・同性婚を支持
ネバダ州ワイオミング州ミシンガン州で勝利。

共和党は混戦状態が続いているが、
彼が知事を勤めたマサチューセッツ州・モルモン教徒が多いユタ州(モルモン教総本山)・アイダホ州はミット・ロムニー氏が有利だと思われる。

まだ誰が勝つかは解らない状態。




民主党立候補者



バラック・オバマ


ハワイホノルル出身。今回注目の一人だが実は白人とのハーフ。

演説にて
「リベラルのアメリカも保守のアメリカもなく、ただ“アメリカ合衆国”があるだけだ。黒人のアメリカも白人のアメリカもラティーノのアメリカもアジア人のアメリカもなく、ただ“アメリカ合衆国”があるだけだ」
「イラク戦争に反対した愛国者も、支持した愛国者も、みな同じアメリカに忠誠を誓う“アメリカ人”なのだ」
との基調スピーチを行い、その模様が広く全米に中継されるとともに高い評価を受けた。

大量の失業者を出した新自由主義政策のNAFTAに反対し、国内労働者の保護を訴えている。
取り組みが必要な問題として、医療保険制度年金制度大学授業料石油への依存度を挙げている。

「私が大統領に選出されれば国際的な核兵器禁止を目指す」とも発言しており、
ロシアと協力し、双方の弾道ミサイルを一触即発の状況から取り去る方針を示している。
まずは、兵器製造に転用可能な核分裂性物質の生産を世界的に禁止することから始めるらしい。
でもそれ本当にやりますか??討論会では矛盾した発言がちらほら見られる。
アイオワ州サウスカロライナ州で圧勝。
ニューハンプシャー州では僅差でヒラリー候補に敗北。
保守派の人間だと思われる。




ヒラリー・クリントン


イリノイ州シカゴ出身。クリントン元大統領の妻。

この人、情報無くて困った・・・。
日本でどうして彼女の公約や政策情報が手に入らないんだ??
俺の探し方が悪いのか?
生い立ちやビル・クリントンとの8年間とかそんなんばっか。

公式サイトとか英語でわかんねーし!!

肝心のことが解らず終い。多分専門の参考書買わないと解らない。

討論会では、「我が国はイラク国民に自由と統治の機会を与えました。その機会を活用するかどうか決定するのはイラク国民次第なのです。」と発言。
つまり、戦争の口実をでっち上げて無差別に爆撃し、所構わず銃撃して占領したのは、イラク国民に「機会」を提供するためだったというわけだ。

えっっ?!!!

何様ですか。何人死んだと思ってんだ!神にでもなったつもりか!
この発言で支持は取れたみたい。だからアメリカって国は・・・。
ニューハンプシャー州ではお涙頂戴が勝利を導いたと言われている。
取り合えず保守派だと思われる。




マイク・グラベル


マサチューセッツ州出身。今回最年長のおじいちゃん。
一番勝つ可能性が低いが、ど根性的なクソ熱い爺さんで、個人的に今回最も好印象。
ディベート前はほぼ無名だったが、話がカナリ熱い。
討論会では、イラクのアメリカ軍撤退についてこう唱えている。
「イラクは彼らの国なんだぞ!彼らはアメリカ軍に出て行けと言っているんだ!」

「今この瞬間にも人間が無駄に死んでいくんだぞ!1人の兵士が無駄に死ぬ以上に酷いことは何だと思うかね?もっとたくさんの兵士が無駄に死ぬことだ!」書くとキリがないが、彼の演説は読んでて本当に面白い。

この討論会はオバマ氏とヒラリー氏の一騎打ちだと思っていたが、グラベル氏に皆タジタジだった。

「なぁ、核兵器なんか所持して、今度は誰を殺そうというのかね・・・?・・・若造。一体いつからアメリカはこんな国になったんだ!?」


ディベート後、多くの専門家達は彼を奇人扱いし、もう討論会に呼ばれることは無いだろうと皮肉をいったが、ネット界では大絶賛と批判が入り混じり、名声はグンと上がった。


彼の公式サイトにユーザーが殺到し、一時ページを表示できなくなった。
そのことで、政治資金を献金しようとしたブロガーから苦情がよせられる。
マイクの選挙チームがビックリしてこう言った。
「彼は最初、エドワーズの散髪代より少ないお金で選挙活動を開始したんですよ?!」

原爆は必要悪だったというのがアメリカの考え方だと思っていたので、彼のような人間が大統領になったら、戦争や核開発は本当になくなるのではないかと考える。
私がアメリカ国民だったらマイク・グラベル氏に一票を投じるだろう。



さて、あとは選挙結果を待つのみ。
今頃アメリカは準備に大忙しでしょうね。
一騎打ちならオバマ氏に勝ってもらいたいですが、
個人的にはグラベル氏頑張れです!

では!
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/64-588a8dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。