プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
18位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海王類】 カブトガニ
カブトガニ


カブトガニ


カブトガニは、背面全体が広く甲羅で覆われている。
附属肢などはすべてその下に隠れている。
名前はこの甲羅に由来し、またその姿の類似からドンガメ、マンゴエイなどの地方名もある。

日本では古くは瀬戸内海に多産し、取り立ててなんの役にも立たず、
図体がでかいので網を破るなど嫌われたようである。
しかし古生代からその姿がほとんど変わっていない生きた化石であり、
学術的な面から貴重であるとして、天然記念物の指定を受けた場所もある。

しかし、環境汚染によって各地でその数を激減させている。

日本国内の生息分布は過去は瀬戸内海と九州北部の沿岸部に広く生息したが、
現在では生息地の環境破壊が進み生息数・生息地域ともに激減した。


カブトガニは甲殻類ではなく、カニよりはクモやサソリに近い。
幼生は三葉虫に似ていると言われ、三葉虫型幼生の名もある。
実際に三葉虫と系統的に近いと思われたこともあるが、今では否定されている。

よくカブトエビと混同されることがあるが、別の生き物である。

日本以外では東アジア、北アメリカに同科の動物を見ることができ、
特に北アメリカ東海岸の一部ではアメリカカブトガニを無数に見ることができる。
スポンサーサイト

テーマ:本日のオススメ - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/614-d81dc2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。