プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
18位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【時事】 ガザ地区攻撃
中東の国イスラエルが、ガザ地区というところを攻撃し、
大勢の人たちが亡くなっています。


イスラエルは、中東というところにある国です。
中東というのは、ヨーロッパから見て中くらいに遠い東、という意味。
ユダヤ人と呼ばれる人たちが暮らしています。


そのイスラエルの西側、地中海に面しているのがガザ地区です。
東西10キロ南北30キロの狭い地域に、イスラム教を信じるアラブ人が150万人も暮らしています。
ヨルダン川西岸地区というところにも、アラブ人が住んでいます。


イスラエルは去年の12月から、ガザ地区を攻撃しています。
どうしてこんなことになったのか。


まず、中東の歴史をふりかえってみます。
2000年以上前、ここにはユダヤ人の国がありました。
でも、国が滅ぼされてユダヤ人は世界各地に逃れました。


ユダヤ人がいなくなったあと、ここにはアラブ人が住むようになり、
この土地はパレスチナと呼ばれるようになりました。
アラブ人により国を失ったユダヤ人は、世界各地で迫害され差別されました。


そこで60年前、ユダヤの人たちは
「自分たちがいじめられるのは国がないからだ。ふるさとに国を作ろう」と呼びかけて、
ここに自分たちの国を作りました。それがイスラエルです。


でも、そこにはアラブ人が住んでいます。
当然イスラエルとの間で何度も戦争になりました。
そしてイスラエルが勝ったのです。


これにより、大勢のアラブ人が住む場所を奪われました。


こうして、住む場所を失ったアラブ人は、パレスチナ人と呼ばれるようになりました。


イスラエルとパレスチナ人との争いは、その後も止みません。
そこで、両方のリーダーが何度も話し合いを行って、ガザ地区とヨルダン川西岸地区を、
パレスチナ人が住む場所にして、将来、パレスチナ人の国にしようということを約束しました。


ところがその後も、両方の対立はなかなかやみません。
そんな中「イスラエルは絶対認めない」という、パレスチナ人のグループが力を持ってきました。
それがハマスです。


ハマスというのは、アラビア語で“情熱”という意味。
イスラエルに対して、爆弾テロを繰り返してきました。
だからイスラエルにとっては、絶対に許せないグループなのです。


ハマスは、パレスチナ人にとっては、イスラエルと戦ってくれる頼りになるグループ。
パレスチナ人のために学校や病院をつくったり、貧しい人を助けたりする活動もするので、
とても人気があります。

そのハマスは2年前、ガザ地区を支配して、自分たちの政治を進めるようになりました。
そこで、ハマスを認めないイスラエルは、ガザ地区に通じる道路を封鎖して、
人やモノが通れないようにしました。
食糧や薬が届かなくなりガザ地区の人たちの生活は苦しくなるばかりです。


そして去年12月、ハマスがロケット弾でイスラエルを攻撃したことをきっかけに、
イスラエルがガザ地区の攻撃を始めました。


イスラエルは、たくさんの武器を持っています。
初めは空からの攻撃でしたが、今年に入ってからは戦車などを使って、
地上からの攻撃もはじまりました。
イスラエルは、ハマスを攻撃しているといっていますが、
狭い地域にたくさんの人が暮らすガザ地区です。

一般の人が巻き込まれないわけがありません。
ガザで死亡した人は、これまでに700人をこえました。
このうち200人以上が子供だそうです。
「ハマスもよくないけど、イスラエルはやりすぎだ」という批判が、世界中で高まっています。


どうしてイスラエルは、今ハマスを攻撃したのでしょう。

理由のひとつに、アメリカとの関係があるといわれています。


アメリカのブッシュ大統領は、これまでずっとイスラエルの味方をしてきました。
今回の攻撃についても、イスラエルを批判しようとはしていません。

でも、1月20日にはアメリカの大統領がオバマに代わります
オバマは、パレスチナの問題を話し合いで解決しようとするのではないか、と言われています。
そこでイスラエルは、ブッシュが大統領のうちに、ハマスを攻めて力を弱めておこう、
と考えているのではないかといわれているのです。


国連の安全保障理事会は8日、イスラエルとハマスの両方に戦いを、
すぐにやめるよう決議しました。
でもアメリカは、この決議を棄権しました。

一刻も早く戦いを終わらせるために日本も含めて世界が協力する必要があるのです。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/304-45277d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。