fc2ブログ
プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
12位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
【介護】 甦る身体拘束
介護施設で身体拘束が増加


京都府の調査によって、介護施設で身体拘束が増加しているのが分かった。
その理由は「職員が少ない」というものだ。

調査は特別養護老人ホームなど府内401カ所が対象で、330施設が回答した。
身体拘束は緊急でやむをえない場合を除き、原則禁止されているが、
160施設で行われ、前年度より29施設増えた。
拘束を受けた人は、延べ930人に上ったという。

拘束方法として、「降りられないようベッドに柵」が最多の392人
「いすから落ちたりしないようベルトをつける」が116人。
「点滴を抜いたりしないよう手や指に機能制限手袋」が111人だった。


大半の施設が「本人や家族の承諾を得ている」と答え、
委員会の設置や研修会への参加など拘束廃止に取り組んではいた。

ただ、拘束廃止が困難な理由では、
約6割が「職員の少なさ」を挙げたほか、
「事故の場合の家族からの苦情や損害賠償請求が心配」
「代わりの設備がない」と答えた施設も約4割に上った。


京都府健康福祉部は
「職員が少なくてもできる身体拘束の代替方法はあり、府も事例の収集や普及に努めたい」としている。


↓人材の貧困はまだまだ続く
来年4月に予定されている介護報酬の改定を前に、
担い手不足が深刻な介護の現場から声を上げようと、
「京都介護ウェーブ 介護保険の改善を願う関係者のつどい」が
11月23日、上京区の同志社大新町キャンパス尋真館であった。

介護労働者らは「現場の担い手が安心して働ける環境が、
高齢者にとっての安心につながる」などと、待遇改善を盛んに訴えた。


医療機関や社会福祉法人など府内9団体で構成する実行委が初めて企画。
ヘルパーや要介護者の家族ら約220人が参加した。
冒頭、実行委代表の一人、浜岡政好・佛教大教授は
「介護の社会的重要性は緊急化しているのに、担い手がいなければ、どんな夢ある介護計画も絵に描いた餅」と指弾した。


その上で、65歳以上の高齢化率が全国一(07年度推計28・2%)の島根県でも、
介護福祉士養成校の志望者数が定員の5分の1にとどまっているなどの深刻な例を紹介。
「介護の崩壊への対応は一刻の猶予もない。人材育成・確保のための待遇改善を緊急に図るべきだ」と力を込めた。


民間企業の登録ヘルパーとして週4日働く京都ヘルパー連絡会代表の浦野喜代美さんは
「朝から夕方まで駆け足・細切れの介護に追われ、1日の賃金は6650円。生活費を得るため無理なシフトを組み、ヘルパーがいないと言って無理なシフトを組まれれば働き続けられない」と吐露。

特別養護老人ホーム「丹波高原荘」の介護職員、細井ひとみさんは
「24歳の私よりも下の世代に福祉の仕事を勧めるかといわれると、正直あまり気持ちよく勧められない」と述べた。



そんな中、厚生労働省は、

介護報酬3%アップが介護職員の

一律2万円賃金増に繋がるわけではない!!

と言い直した。
スポンサーサイト



テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/280-0420b4cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)