プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
24位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】 リーマンブラザーズ破綻
リーマン・ブラザーズという、
アメリカの大きな証券会社が先月、経営破綻しました。
影響は世界に及んでいます。
何故こんなことになったのか。


リーマン・ブラザーズというのは、リーマンさんという3人の兄弟が、
今から150年以上も前の1850年につくった証券会社です。
証券会社というのは、株を売ったり買ったりするのを手伝ったり、
自分で株を売り買いするのが仕事。
アメリカで4番目に大きな証券会社です。
そのリーマン・ブラザーズが今週、突然破綻しました。




その原因がサブプライムローンです。
ローンは、住宅などを買う時にお金を借りること。
サブというのは「それより下の」という意味。
プライムとは「優良の」という意味です。
サブプライムローンというのは、優良より下、つまり収入が少ない人が、
住宅を買うときに借りるお金のことです。



収入が少ないと普通、お金は貸してくれません。
でも、サブプライムローンを利用するとローンの会社はお金を貸してくれるのです。


どうしてか。
サブプライムローンは普通のローンより、
お金を貸した時にお礼として受け取る利息がとても多いのです。
だから、ローン会社は助かります。


でも、利息が高いと返すのが大変です。
貸した相手は、収入の少ない人なので、返せない人がでるかもしれません。


そこでどうしたかというと・・。


ローン会社は、貸したお金を返してもらえる権利を、
証明書のようなものにして、これを売りました。

その売った先のひとつが、リーマンブラザーズ。
お金を貸した人は、ローン会社からリーマンブラザーズに代わることになりますね。


リーマンブラザーズは、お金を返してもらえる権利をさらにたくさん集めて、
株と同じようにお金もうけをしたいと思っている、世界の銀行や投資家に売りました。


でも、ちょっと待ってください。
こんなもの持っていても、そもそもお金を返してくれないと困ります。
実は、アメリカは景気がよくて、住宅を買う人がどんどん増えていました。
すると、住宅の値段もあがっていきます。
買ったときよりも、値段が高くなるのです。
「少しくらい利息が高くてもへっちゃらです。大丈夫返せますよ」
といってローン会社は、お金をどんどん貸します。


他のローンより、高い利息がもらえるから魅力的だと思い、
みんなこの権利をどんどん買いました。
住宅を買う人が増えて、ローン会社がもうかって、
リーマンブラザーズももうかって、
お金を返してもらえる権利を買った人ももうかって・・。
と、こんなことがずっと続くのでしょうか。
住宅の値段がずっと上がり続ければいいのですが、そうは行きません。






住宅を作りすぎたので売れなくなり、
ついに一昨年頃から住宅の値段が下がり始めてしまったのです。


住宅の値段が下がるとどうなるか。


サブプライムローンを利用した人たちは、家を高く売ることもできず、
借金が払えなくなります。



ローンを利用する人も減って、ローン会社ももうからなくなります。
それだけではありません。お金を返してくれる権利もだれも欲しがらなくなります。
売れなくなったこの権利をたくさん抱えていたのが、リーマンブラザーズ。


大きな損が出てしまい、9月15日、ついに会社が破綻してしまったのです。
負債、つまり借金は60兆円を超えました。
こんなに大きな会社が破綻するのはアメリカでは初めてのこと。
影響は世界に広がりました。


他にも、売れなくなった権利を抱えている会社があるのではないか、
とみんな考えて、そんな会社の株は今のうちに売っておこうという人が急に増えました。


このため、アメリカの会社の株の値段が下がりました。
株を買っている人たちは、アメリカの株を売ったり買ったりしているだけではありません。
日本やヨーロッパでも株を買っています。
アメリカは大きな影響力を持つ国です。
アメリカの会社がもうからなくなると、日本の会社ももうからなくなくなる。
今のうちに株を売っておこうと考えて、
日本の会社の株もヨーロッパの会社の株も下がりました。
これが今回の世界同時株安です。


世界の経済がこの後どうなるのか、注目していきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:リーマン破綻 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/215-5004fcf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。