プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
30位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【介護】 グループホーム[前編]
特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム・・・。
施設は様々な用途がありますが、その中のひとつ、
グループホームについて、本日は紹介しようと思います。


認知症の高齢者が増えるなか、
急増した高齢者用の施設。そのひとつ、認知症高齢者グループホーム。
小人数の家庭的な雰囲気で、一人一人に応じたケアを受け、
穏やかに過ごせるのが特徴。
ニーズは高く、入居待ちも生じているが、必ずしも質が伴っていない実態もある。


グループホームは、1ユニット5~9人の家庭的な環境で、
できるだけ自立した生活を送る居住施設である。
入居するお年寄りは介護スタッフと食事の支度や掃除、洗濯なども行う。


認知症でも、要介護度が軽く、動き回れる人には、
お年寄りの動きに職員が合わせるこうしたケアが適しているとされる。
特別養護老人ホームなどでの集団を対象にしたケアでは
対応が難しいことから、欧州で始まり、日本でも十数年前に取り入れられた。


認知症介護の切り札」として期待されたグループホームだが、
どうも特養化している所が多く見られる。


特養などの集団処遇では、
職員が立てたスケジュールに沿って介助が効率的に行われる。
食事は厨房から配膳車で食堂に運ばれ、限られた時間内に食べてもらう。
入浴は時間帯で人数を割り振って介助し
排泄介助も決まった時間におむつ交換をする。


これに対して、小人数のグループホームでは、
お年寄りが食事の献立を自分たちで考え、買い物や調理もする。
夕方や就寝前に入浴でき、尿意のあるときにトイレに誘導してもらえる。
そのため、落ち着いた環境で穏やかに暮らすことができる。




そんなグループホームだが、私の見てきた所は違う。
起床や朝食などを決まったスケジュールで行うところがある。
私は何度かグループホームでボランティアをしたことがあるのだが、
寧ろスケジュールで管理するのが当たり前だと思っていたくらいだ。




恐らく高齢者の波に乗って参入してきた経験のない事業者にとって、
スケジュールで管理するのがやり易い方法だったのだろう。


グループホームは、平成12年に介護保険がスタートすると、
異業種からの参入もあり、全国で急増した。
参入が容易だったせいか、
必ずしも認知症介護の専門性が発揮されていない実態もあるということだ。


国民生活センターが16年に実施した調査では、
退去の理由は病気治療のほか、
「利用者・家族の経済的理由」
「大声や暴力、徘徊など他利用者への迷惑」
などが目立った。
その後の居場所では、病院に次ぎ特別養護老人ホームが多く、
特養の待機場所となっている実態が伺える。




「認知症の人と家族の会」に昨夏、寄せられた体験では、
「廊下に失禁したという理由で退所させられた」
「看取りに本人も家族も満足」と、評価は割れた。


質にばらつきはあっても、
「グループホームで元気になった」という利用者家族は少なくなく、
多くの所で入居待ちが生じている。
しかし、地元になかったり、
特養より入居費用が高いなどの理由で「入りたくても入れない」の声も上がる。


利用者・家族のニーズは高いが、
入るのが難しい」との声が聞かれる。
背景には、近くになかったり、都市部を中心に費用が高いなどの問題がある。


2年前の法改正でグループホームは、
市町村指定の「地域密着型」に移行した。
例えば、武蔵野市に住んでいる高齢者が、立川市のグループホームに入りたい。
しかし、住んでる地域が違う為、入所することはできない、というルールができた。




更に、グループホームは全ての地域にあるわけではない。
入りたい人間は、わざわざ住所を変更しなければならない。
つまり、その地域に家を借りるか建てるかして住民票を移さないといけないわけだ。


更に入所するにはその地域の町民(市民など)として
介護保険料の納付実績が求められるため、
住民票を移してから何ヶ月か待たなければならない。


↓続き

特別養護老人ホームや老健には、所在地に住民票がなくても入れる。
入所後に移す人が多いが、介護保険給付を負担するのは元いた市町村。
施設の多い市町村で給付が増え、介護保険財政を圧迫するのを避けるためだろう。


しかし、グループホームにはこうした仕組みはない。
入居は原則、市町村民に限られている。


更に、認知症グループホームの事業所数は地域での偏りが大きい。
東京都では開設に補助金を出すなど整備を急いでいるが、整備率は全国で最低。


一方、整備率の高い所では介護保険の給付が膨らむ。
青森県八戸市では、グループホーム急増で、
その給付と1割負担を合わせた費用額が、
12年10月の462万円から16年10月には1億1231万円に。
開設自粛を事業者に要請した。
特養なども含めた施設整備率が高く、
八戸市の介護保険料も4800円と全国平均の4090円より高い。


地域密着型への移行は、
住み慣れた地域での生活を継続する」ため。
家族や知人と行き来がし易く、認知症でも、地域の理解を得て外出し易い。
よって、住民に必要なサービス量を市町村が計画的に整備することが求められている。


これらに失敗した地域がある。
栃木県である。ここではグループホーム自体の数が少なく、
しかも、宇都宮市周辺に集中している。
これでは宇都宮市民以外、実際の生活圏に合わせた利用ができない。
このようにグループホームの数は地域によってばらつきがある。
上手く活用している地域、
創りすぎて困っている地域、
創り方を間違えた地域。




日本にグループホームが導入されて10年以上経つが、
いまだに1カ所もない市がある。
既に入居者は高齢化が進み、身体介助や医療の必要が高まっているが、
訪問看護ステーションなどと連携できない事業所もある。
つまり、自治体間で格差があるのだ。




原因が解明されていない認知症という病気の高齢者は、確実に増加する。
グループホームのニーズは高いが、偏りの解消には膨大な時間がかかるだろう。
こんな原点の部分でモタついていては困る。
先が思いやられるとはこのことだ。




グループホームは当てにできない。
介護ビジネスという視点のみで施設を建てたのだろうか。
視点が狭い。
事業者は高齢化社会の特徴を汲み取っていないことが良く解る。


これからの高齢者の特徴を見立てて、
ひとりひとりが、地域が、国が連携して動いていかなければ、
介護はいつまでも暗礁に乗り上げたままだ。
介護保険外の在宅支援を増やすなど、
ほかの受け皿を整備しなければならなくなるだろう。




グループホームは、期待ハズレというか空回りというか。。。
まだまだ高齢者介護の迷走は続きそうだ。

スポンサーサイト

テーマ:グループホーム - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/183-396493d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。