プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
14位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本】 世界への影響 国際世論調査
世界への影響 国際世論調査


上記以外にも、2007年3月、イギリスのBBCワールドが公表した国際世論調査がある。
この調査は27カ国の2万8000人が対象で、列挙された12カ国について「世界に与える影響が
Positive(肯定的)かNegative(否定的)か?」という質問調査。

【ロンドン6日時事】国際情勢に最も肯定的な影響を与えている国の1つは日本-。
世界の多くの人々がこのような考えを持っていることが、
英BBC放送が6日公表した国際世論調査の結果で明らかになった。

 調査は27カ国の2万8000人が対象。列挙された12カ国について
「世界に与える影響が肯定的か否定的か」を問うたところ、肯定的という回答の割合が最も高かったのが
日本とカナダで、それぞれ54%。これに欧州連合(EU)53%、フランス50%、英国45%などが続いた。

 日本については、25カ国で「肯定的影響」との意見が「否定的」を上回り、
中でもインドネシアでは8割以上が日本を評価。
ただ、中国と韓国では「否定的」とした人がいずれも約6割を占めた。

3cf20f4b95b905de0ef4b3a26f37af0b.png



結果から見てわかるように、世界の世論では、
日本はカナダと並んで最も世界に良い影響をもたらす国として認識されているのがわかる。
ちなみに、国別で見た場合の日本の評価は、
カナダやフィリピンは70%以上、インドネシアでは80%以上が日本を評価。
しかし、中国と韓国では「否定的」とした人がいずれも約60%を占めた。

つまり、中国と韓国だけは世界の認識から随分とずれた「特異な国」であることが分かる結果だが、
これは「歴史的な問題による国民の感情」、又は中国政府による「反日教育」が
邪魔をして正しい認識ができていないということだろう。

それに比べて非常に興味深いのは、アメリカは北朝鮮よりも
悪い影響を世界にもたらすと国際世論が認識している点だろう。
しかし、当然とも言える結果だと筆者も感じるが。
ちなみにアメリカ国民の自国への評価はPositiveが57%、Negativeが28%。
自国は良い行いをしていると思っている人が非常に多が、このギャップが問題点であり、
いかにアメリカ人が世界を知らないかが良く分かる結果だ。

また、世界に最も悪い影響をもたらす国はイスラエルであると、世界の世論は認識。

e33beedac52125c426c1a6d94f1787cb.png





スポンサーサイト

テーマ:つれづれblog - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/1623-676e48f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。