プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
27位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【学業】 白鯨
白鯨


anc177_i0034542m.jpg

1851年に発表されたハーマン・メルヴィルの長編小説である。

悲運の捕鯨船の乗組員として白いマッコウクジラ「モービー・ディック」を巡る数奇な体験談の形式をとる。
本書のかなりの部分は小説よりも鯨に関する科学的な叙述や、
作者が捕鯨船に乗船して体験した捕鯨技術の描写に費やされ、当時の捕鯨に関する生きた資料となっている。


この作品は象徴性に富み、モービー・ディックは悪の象徴、
エイハブ船長は多種多様な人種を統率した人間の善の象徴、
作品の背後にある広大な海を人生に例えるのが一般的な解釈だが、

サマセット・モームは逆に、全身が純白で大自然の中に生きるモービィ・ディックこそが善であり、
憎しみに駆られるエイハブが悪の象徴であると解釈している。
イシュメルやエイハブという人名は聖書から取られている。

なお本作の白鯨は全身が白く、アルビノと思われがちだが、新潮文庫の田中西二郎訳『白鯨』(上)では
「いちめんに同じ屍衣(きょうかたびら。死装束)色の縞や斑点や模様がある」
との記述から、アルビノではなく、全身が白いわけでもないことが分かる。

マッコウクジラは加齢とともに捕食するダイオウイカなどにつけられた白い引っ掻き傷が増え、
一部の老齢個体の体色が薄くなることもある。

モビー・ディックのモデルとなった19世紀の捕鯨船ツー・ブラザーズ号が発見され、現在調査が続いている。
スポンサーサイト

テーマ:つれづれblog - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/1505-25533c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。