プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
16位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【百物語】 第33話 船幽霊
船幽霊


日本全国各地に伝わる海上の幽霊が怨霊となったもの。
江戸時代の怪談、随筆、近代の民俗資料などに多く見られる。山口県や佐賀県ではアヤカシと呼ぶ。

柄杓で水を汲みいれて船を沈没させるなどと信じられた幽霊。
水難事故で他界した人の成れの果てといい、人間を自分たちの仲間に引き入れようとしているという。

Kyosai_Funayurei.jpg



その害を防ぐためには、握り飯を海に投げ入れたり、
底の抜けた柄杓を用意したりするなどの方法が伝えられている。
土地により亡者船、ボウコ、アヤカシなどとも呼ばれる。
同様に海の怪異として知られる海坊主も、地方によっては妖怪ではなく船幽霊の一種とされる。


その姿は地方や伝承によっていくつかに大別され、
◆船と亡霊が水上に現れるもの、
◆帆船など船そのものが亡霊として現れるもの(いわゆる幽霊船)、
◆人の乗っている船の上に亡霊だけが現れるもの、
◆海坊主や怪火として現れるもの、
◆山や断崖などの幻影や怪音現象として現れるもの

などがあり、以上の現象のいくつかが組み合わさった例も見られる。
海上での伝承が多いが、海のない地方でも河、湖、沼に現れたともいう。

スポンサーサイト

テーマ:あああああああああああああ - ジャンル:

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/1503-7597ffae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。