プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
16位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】 行動経済学
行動経済学


TEDの『ダン・アリエリー:我々は本当に自分で決めているのか?』
を見て勉強になったのでメモ的な意味もかねて掲載。

内容はズバリタイトルそのままで、本来なら選ばれないような選択肢でも、
魅力的でない選択肢を加えることで選ばせることができるようになるというものです。

行動経済学者のダン・アリエリー教授は、
イギリスの新聞紙『Economist』のとある広告に疑問を持っていました。その広告とは、web版、
もしくは新聞の定期購読を申し込むものだったのですが、このようなおかしな選択肢でした。

web版の定期購読。年間59ドル。
新聞の定期購読。年間125ドル。
webと新聞の定期購読。年間125ドル。

本来なら真ん中の選択肢は必要ありませんね?

マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生100人に対して「どちらを選ぶか?」
という実験を行ったところ、次のような結果となり、やはり真ん中を選ぶ人はいませんでした。

web版の定期購読。年間59ドル。(16%)
新聞の定期購読。年間125ドル。(0%)
webと新聞の定期購読。年間125ドル。(84%)


しかし、ここから不必要に思える真ん中の選択肢を取り除き、
MITの別の学生100人に対して同じ質問をしたところ、結果は次のように変化しました。

web版の定期購読。年間59ドル。(68%)
webと新聞の定期購読。年間125ドル。(32%)


不必要な選択肢を取り除いただけなのに、
人気がなかったはずのweb版を希望する人の割合は16%から68%に増加し、
一番人気だったはずのwebと新聞の定期購読は84%から32%に減少したのです。

つまり、真ん中の「新聞の定期購読」は「誰も選ばない」選択肢ではありましたが、
不必要な選択肢ではなかった。

むしろより値段の高い方を魅力的に見せるために必要な選択肢だったことが分かります。

これはしてやられました。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/1111-968f3cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。