fc2ブログ
プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
12位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
【介護】 異国の介護士
現在、介護の世界は慢性的な人不足となっております。
その対策として国は、フィリピンから人材を受け入れる方針を固めました。


フィリピンは出稼ぎ大国という別名を持っており、
日本に限らずあらゆる国へ出稼ぎに行っています。
そのひとつが介護なのですが、
実は介護職でフィリピン人を求めている国は日本だけではありません。
台湾・カナダ・イスラエルなどは特にフィリピン人を必要としています。


看護だと、サウジアラビア・イギリス・シンガポールなどがメインです。




つまり、フィリピンは世界市場を相手にしているのです。
この現状を見ると、制度の厳しい日本に来るフィリピン介護士は、
極めて少数に留まること必至です。


日本に行く為の条件
①4年制大学を卒業していること。
②半年以上の介護の学校に行っていること。
→この中から選ばれた人材だけが日本に来れる
③半年間の研修を受け、4年以内に日本の資格に合格すること。
→合格出来なければ強制送還。


一方カナダの条件
2年以上カナダで介護やれば永住権がもらえる☆


+α 日本語は極めて難しい。カナダ→英語OK




NHKの介護特集によると、フィリピン人は日本に来たがってないようです。
まず、向こうで4年生の大学を卒業しているという条件が、
日本で言う東大・早稲田を卒業しているクラスの人間です。
そんな人間が好んで異国の介護の道なんて選ぶとは思えません。




600人受け入れると言ってますが、まったく集まっておらず、
ついに緊急措置として、インドネシアから人材を確保する取り組みに
乗り出しました。
首都ジャカルタで選考が行われ、来月の7月に来日する予定です。
但しインドネシアでは介護に関する公的資格がなく、
介護が職業としてはまだまだ未成熟な分野なのです。




介護の現場に異国民が定着すれば、介護士の賃金は上がらなくなり、
社会的地位が変わることもなくなるでしょう。
情けない話です。自分の国の高齢者を外人に任せるなんて。
ある種の責任転嫁であり、乱暴な言い方をすれば介護放棄であると言えるでしょう。


日本人が介護を全て異国民に任せる日も、遠くないかもしれません。



福祉大学の介護分野に進学する若者が激減。
新卒生の確保が大変困難になりました。


そもそも介護は、誰でもできるという仕事ではありません。
最低でもホームヘルパー2級の資格がないと、現場では雇ってもらえません。
資格を取得するには、ホームヘルパー養成研修132時間
(講義60時間、実技42時間、実習30時間)
を修了する必要があり、受講期間は平均3ヶ月~6ヶ月程度。
これが中途の転職組みが介護を選ばない理由でしょう。


ちなみに受講料は約10万円となっております。


主な就職先として、福祉施設などがあげられますが、
介護保険の改正の為、全体的にどの施設も収支が悪化しているので、
非常勤かパート、アルバイトでの雇用が目立ちます。


そんなわけで、ホームヘルパーの派遣事業所などに
登録して仕事を紹介してもらう
登録制のヘルパーが大変増えています。(つまり派遣社員)


給料は公務員並みと書いてあったりしますが、平均13万円です。
資格取得の為に10万払って半年勉強して給料13万円。
この為、現場では職員の離脱が目立ち、
コムスンの不正問題から介護の現場の悲惨な現状が発覚してしまった為、
介護へやってくるそもそもの人材の欠如。
人材不足は一層深刻化していきました。


中途でやってきた人間は現場に耐え切れず3日で辞めたり、酷いと1日で辞めます。


そんな中、国は3年も対策をほったらかしてます。
2009年、介護報酬改正まであと9ヶ月。
それまで現場は踏ん張らなければなりませんが。。。


もつだろうか。


最後に、現場の話ばかりなので、外の流れを少し書きます。

就職氷河期の頭ももう40手前に差し掛かってます。
派遣社員は40台も多いと聞く。
病気治療に介護を必要としている年金暮らしの親を、
非正規ワーキングプアの子が支えるという構図が、
あちこちで見られる時期に入ります。


これからの介護は、現場よりも、一般人の介護能力に視点が置かれます。
このまま一般人が自分の親に介護士を求めるのは、
そろそろ限界です。
これからの時代を生き抜くなら、自分の親は自分で介護する工夫ができなければ、
渡ってはいけません。


やれるはずでしょ?
自分を育てた親なのだから。
現場では介護士を非難するクソゴミが増えてきていて困っている。
移動介助のやり方が気に入らないといって、
「母が死んでしまう!!」
とかクレーム付けて来るけど、
「じゃぁお前が見ろよ!!」
といいたい。


自分の親の介護をやらないくせに何故態度がデカイのかと小1時間・・・。
スポンサーサイト



テーマ:福祉業界への就職・転職 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

なるほど
人が少ないとそういう案もでてくるか
[2008/06/17 00:45] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nukomishuranu.blog23.fc2.com/tb.php/105-df642ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)