fc2ブログ
プロフィール

ヌコミシュラヌ

Author:ヌコミシュラヌ
三ツ星ヌコミシュラヌへようこそ。
ここは世の中の様々なものをアップする部屋だよ。

色々なところからネタを持って来るけど、身内で楽しむ為にやってるのでそこはご勘弁を。

まぁ、お茶でも飲みながらまったりと見てってください。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

閲覧者在中

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
面白画像・動画
11位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

総合カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

三ツ星ヌコミシュラヌ
世の中の面白いものを収集・紹介するブログ
【洋楽】 Evanescence ~Tourniquet~
Evanescence


FALLN


エヴァネッセンス (Evanescence)は、
アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロック出身のゴシックメタルバンドである。
エイミー・リーとベン・ムーディーを中心に結成された。

2003年にインディーズ・レーベルのワインド-アップ・レコーズよりレコード・デビュー。
1stアルバム『フォールン』は全世界で1500万枚を売り上げ、グラミー賞2部門を獲得して一躍スターとなった。

エヴァネッセンスは、エイミー・リーとベン・ムーディーが中学時代に出会ったことに始まる。

リーがユース・キャンプ中のレクリエーションで
ミート・ローフの「愛にすべてを捧ぐ - I'd Do Anthing For Love」
(『地獄のロック・ライダーII』収録)をピアノで弾き語りしているのに惹かれ、
ムーディーが一緒にバンドをやろうと持ちかけたのがきっかけ。

アルバムからのリードシングル「ブリング・ミー・トゥ・ライフ - Bring Me To Life」が
映画「デアデビル」のサントラに使用された事もあり大ヒットを記録。
世界で1400万枚のセールスを記録した。グラミー賞では最優秀新人賞と
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞を受賞。

2002年にアルバム『フォールン』のレコーディングし、2003年3月4日にアメリカでデビューとなった。

FALLENより『 Tourniquet 』






アルバムからのリードシングル「ブリング・ミー・トゥ・ライフ - Bring Me To Life」が
映画「デアデビル」のサントラに使用された事もあり大ヒットを記録。
世界で1400万枚のセールスを記録した。
グラミー賞では最優秀新人賞と最優秀ハードロック・パフォーマンス賞を受賞。


遅れて6月25日にアルバムが発売となった日本でも人気に火がつき、ゴールドディスク獲得、
さらに日本ゴールドディスク大賞ではニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

エイミーとベンは、ギタリストとしてジョン・ルコンプ、ドラムスとしてロッキー・グレイ、
ベースのウィリアム・ボイドを加えた5人体制でバンドを固め、プロモーションとツアーを始める。


しかし2003年10月22日、ヨーロッパツアー最中にムーディーがバンドから撤退。双極性障害などの理由であった。
ギタリストでコンポーザーでもあるムーディーを失う。




その後・・・

ウィリアム・ボイドは脱退。
「大規模なコンサート・ツアーへの苦痛」と「家族のそばにいたい」というのが理由とされる。
ボーカリストのエイミーは「彼が幸せであることを祈っている」とコメントしている。

後任として元レヴォリューション・スマイルのギタリスト、
ティム・マッコードがベーシストとしてバンドに参加。

2007年にジョン・ルコンプとロッキー・グレイは解雇。
後任としてダーク・ニュー・デイのウィル・ハントとトロイ・マクローホーンを
ツアー終了までのメンバーとしてツアーを再開。

現在のメンバーは
エイミー・リー
テリー・バルサモ
ティム・マッコード
である。





ムーディーとやってたときの


エヴァネッセンスが一番好きだ・・・




FFVII Advent Children - Tourniquet



スポンサーサイト



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記